高い査定でも不動産売却は慎重に

 

不動産を売却するのなら、高く売りたいと思うのは当然です。
ですが、高く売りたい思っている方に注意していただきたいことがあります。
例えば、仲介業者に査定してもらった時、1社だけ非常に高い価格をつけてきたとしたらどうでしょう。
1社だけ400万円や500万円といった他社より飛び抜けた価格を提示した場合、そのような仲介業者には注意しなければなりません。
もともとその地域の相場というものは、仲介業者によってそれほど違うことはありません。
それが、1社だけ跳び抜けた価格を提示しているということは、仲介依頼を受けたいために提示していることがあります。
当然のことですが、査定額が高かったとしても、その価格で売却できるわけではありません。
仲介業者の提示した価格と、実際の成約価格とは違うのが常識です。
不動産を売りたいと思われたなら、そのような高い提示額に釣られるのではなく、ちゃんと売却をサポートしてくれる信頼できる仲介業者を選びましょう。